エッセイ2
■鉄馬的夢思心■■疾風亭・鉄馬■■

Yuujiro

Garaga-Column・2nd

バイクが好きな人はバイクをとても大切にします。
特にオフロードバイク好きは、
大切=磨く
ではなく・・・大切=整備する。という方が多いです。





整備していくと、必然的に工具も増えて行きます。

工具なんて、何でもいいや!・・・と言っても、整備に限界が来ます。
もう少し薄ければはいるのになぁ〜
あと少し傾いていたら・・・。
そんな思いがバイクを触る人ほど、整備中に、ため息が出てきます・・。



僕は、工具にも限界があることを知っています。
しかし自分の愛車を触るのに・・・どんな工具かも知れないで、触りたくありません。




道具は選びたいものです。
たとえ買えなくても、良い工具の存在は知っておきたい・・・。

大好きな彼女にプレゼント・・・と同じです。



高くて、良いものをあげたい。と思う”こころ”です。





愛車に対して
ボルト1本でも粗末にできません。

整備中の不測の事態の時
・・・工具を工夫する楽しみも又、あります。
それもバイクに対する愛着からでしょう。






整備に少し自信が出てくると・・。

山の中でのゆとりが違います。
オフローダーは林道でのバイクの整備不良が、どんな事をまねくか良くわかっています。
だから・・・大切=磨く
ではなく・・・大切=整備する。







整備してあげると、ますます愛着がましてきます。

そんなバイクで山奥の林道にはいり
キャンプしながら、かたわらにある、バイクを見ていると、
一体感を感じてきます。・・・




■    ■







Photo by M.Y





鉄馬お薦め工具  







バイクは、大切に・・

大切=整備=愛着



END