■■YAMAHA TT250R-Raid Maintenance Report■■疾風亭・鉄馬■■

Yuujiro

kougu CONTENTSへもどる


2003.09.28
作業プログラム
2003/09.28・・・レイドのクラッチケーブル&XJR1200嫁入り支度。

vol・1・・・クラッチケーブル交換
vol・2・・・フォークダストシール交換



先日のツーリングで切れたクラッチワイヤーケーブルの交換

それと、やっと、嫁入りできるXJRのフォークダストシールの交換







画像左・・タイコのUP画像 ワイヤーを解いてタイコに通しています。
タイコの穴径(1.5〜2.5mmまで)がワイヤー径(5mm程度)小さかったので分けています。


注意:タイコからワイヤーを飛び出して締めると、タイコとクラッチレバーが干渉するので、
ワイヤーが飛び出ないようにします。

中:前回詳しくふれていませんでしたが、
タイコを取り付ける時にドライバーで締めこむのですが、

タイコが小さいので、ネジがなかなか締まりません。
で所持していた、バイスグリックで固定して、締め上げました。

応急のタイコですが、この部分の締めが悪いと抜け落ちます。

バイスグリップは、ブレーキ&シフトレバーの代用にもなりますので、
是非一本揃えおかれたら、とても役にたつと思います。

 鉄馬は、バイスグリップは2本所持しています。

先端形状が尖ったタイプと丸いタイプ(上の画像)です。
バイスグリップサイズは最小タイプ
1本1500円程度ですので、是非お勧めします。




画像左・・新しいクラッチワイヤー。
右:クラッチケーブルをはずしていきますが、ラインをよ〜く見てはずしていきます。

オフロードバイクはかなりシビアにライン設計しているので、いいかげんはダメですよ・・

完成








さてXJRのフォークダストシールの交換


左:フォークをとりはずします。丁寧にみがいて・・。
ダストシールを外します。そしてウエスでふきあげます!。
右:中のワイヤーがややはじけています。・・交換したほうがよい。



フォークをセッテイングします。タイヤ取り付けるまで、仮止めです。
あとは、ディスク周りを点検して、取り付けます。

これですべての点検完了!



ステッカーちゅ〜ん





あたらしいステッカーを作りましたので、どこに?貼るかなぁ〜〜♪







kougu CONTENTSへもどる