■■ 英彦山をのぼる ■疾風亭・鉄馬■■

Yuujiro

 英彦山をのぼる 2018.4.27
晴/Thermo20℃
Mt'Hikosan Walking 疾風亭・鉄馬


 英彦山をのぼる 



起きると天気もいい♪
ひさしぶりに山へでかけよう♪・・・最近 ひきこもりなので(笑)
長崎駅へ

ずっと いつかは登りたいと思っていた山・・英彦山 初だ♪



駅ビルでました駅弁遠足♪ 第3回です 

駅から蛍茶屋まで散歩だ・・・











久しぶりに伊良林の裏道散策しよう




気温もちょうどよくて歩きやすいや♪







■ ■




懐かしい




風情を感じながら歩く


美しい建物 建具が気持よい♪



おぉ 空冷ポルシェだ。 青空駐車は、オーナーさんも辛いよなぁ
たぶん80年前半くらいかな・・・
むかしは、この時代のポルシェ好きだったけど、
今はもう少し前のナローがいいなぁ

 

これぐらいまでのシンプルさがカッコイイよなぁ〜 このポルシェ・・・高いと思う。



階段路地散策・・・知っているんだよ路地の経路レンガの水平積みだw






蛍茶屋に残る市場通り・・・見えてる山に登る
それにしても昭和が残っている♪ ここの2階の窓は最初からのやつだね・・いい雰囲気だ。




のらピーが横切っていく(笑) 
上流側で残った石橋 一の瀬橋 ローマ字表記も見て取れる


ここで休憩







休憩おやつ・・・視線を感じるw おすそわけする♪

   



めずらしい さくらんぼだ・・・ひとつ味見する あまくてほろにがw



これこれ 200年前の供養塔
個人の私財を投入して設置した。
全国に作ってその数 2000基 最大はこれらしい巨大で6mある
これ道路を拡幅のたびに移転してここで4か所目。
そうだよなぁ〜むかしもっと日見側にあったのを記憶している

 

道路から見ると横になる・・・石の手摺部分はカットしてあるようだ




さてここから英彦山へ登っていく・・・神社の参道になる


振り返ると眺め良い




人家を抜けるとこんな感じ



豊前坊という祠がある  鎮西36番所である この祠・・・ちょっと感動もの








荘厳な雰囲気が漂う・・・




寄進した方もたくさんいる・・・筆頭に記してあるのが 五島作太郎と言う方・・他の碑にも記してあった
どんな方なんだろうか 大正7年〜昭和34年で今の価格で60万円ぐらいかなぁ 



この石段かなりすごい 斜面地に両側に石を積み 内部には土を充填して踏み段の舗石を敷いている

石橋の舗装と同じ要領だ 60年ほどたち、ひずみがあるが風情がある





■ ■




飯盛神社境内にある藤の巨木





飯盛神社で参拝した後 右手に向かう



























頂上とあるけど、実際はすこしくだったところだ

絶景ポイントの指示にしたがっていくと・・・こんな風景



ここでお昼の駅弁だw 角ずしにした

 

 眺めも良くて♪ 美味しさ倍増






おなかいっぱいで、くだっていく・・・



 

白木〜彦見町・・・新大工方面へてくてく歩く

団子を買って帰る♪



 









初 英彦山 登れて嬉しく 天気が良くて ひさしぶり山歩きを楽しめたよなぁ〜






THE END